まとめて安くなった電話の回線工事

SITE NAVI

電話の回線を何にするかは一番の問題です。

これまでの電話は、電柱から電話線を引く固定電話用のモノしかありませんデューした。インターネットをするにも、その回線を使ったアナログ回線しか無かったのです。ところが、デジタル回線が登場し、ISDNやADSL等の回線が利用できるようになりました。この二つの回線は、これまでの電話の回線をそのまま利揺することが出来るので、家庭側の工事の必要はありません。必要なのは、交換機側だけというモノで、速度が速くなったり、1本の回線で2本分の回線などが使えるように成りました。その後出てきたのが光回線です。光回線はこれまでの銅線を利用した電話の配線とは異なり光ファイバーを使用するモノです。ノイズに強く、減衰もほとんどありません。インターネットの接続には最適な回線と言えます。ただし、これまでの電話の回線は利用できないため、家庭側の工事が必要となります。

速度は圧倒的に速いだけで無く、これまでは受け側の速度だけで、だましだまし使っていて回線が、のぼりも早くなり、非常に快適に利用できるようになっています。また、設置する側のメリットとしては、これまでの回線より遙かに安いと言うことらしいです。現在ほとんどの家庭の家の前にある電柱には光ファイバーの回線が来ています。家庭へ引き込むだけで、光回線を利用することが可能な環境にあります。いずれはほとんどの家庭に光回線がはあいる日が来るのだと思います。そうなれば、インターネットも快適に使えるはずです。