まとめて安くなった電話の回線工事

SITE NAVI

固定電話の回線が非常に少なくなっているそうです。

自宅に置かれていた固定電話機がドンドン減っているようです。しょうjき、携帯があれば固定電話の必要性は無いからです。我が家も、固定電話はほとんど使っていません。正直、毎月基本使用料だけなので、このまま辞めてしまおうかと考えていたほどです。ところが、プリンターが故障し、探していたところ、子機が2台セットされた複合機がでていたので、思わずそれを買ってしまいました。固定電話を辞めてしまうと、子機がもったいないと言うことで、しばらくの間はこのまま使うことにしました。ただ、考えてみれば、何もしないまま年間2万円ほどの使用料がいるのですから、非常にもったいないのは確かです。一人住まいの若者などは、携帯があれば、固定電話の回線を引くなんて事は行わないようですそれも当然のことで、高い携帯電話代にプラスして固定の電話代を払うのはナンセンスと言えるからです。

携帯電話の普及で、公衆電話も少なくなりました。携帯がでてすぐの頃は、基本料も高く、通話料はもっと高かったため、携帯電話を持っているにもかかわらず、公衆電話を探して電話を掛けたモノです。あるときから、通話料がかなり安くなり、比較的簡単に携帯がが持てるようになり出してから、あっという間に普及してしまいました。今や携帯は一人一台の時代です。あって当たり前とも言えます。そう考えると、固定電話はますまwすすくなくなるのでしょう。いずれ固定電話を知らない世代も登場するのだと思います。